学習環境開発部門(アカデミック・イングリッシュ支援室)

アカデミック・イングリッシュ支援室(通称 AccESS)では、主に以下の業務を行っています。

☆ 英語課外学習教材の運営と学習データの管理
☆ 各種英語試験の実施と成績データ管理及びサポート
☆ e-Learning 教材の開発
☆ 学部3・4年生対象 学習教材の提供
☆ 大学院生対象 学習教材の提供


英語課外学習教材の運営と学習データの管理

■ 英語(サバイバル・基礎・中級・コミュニケーション) 「ぎゅっとe」
■ 英語(上級) 「eFACE」
■ 英語(セミナー) 「Listen to Me!」

  • 課外学習教材の質問対応
    • AccESSでは課外教材に対応するTAを配置し、平日お昼休みの時間帯に開設されるE-Loungeでの対面およびオンラインにて受講生の質問に対応しています。
  • 学習状況および消化率等のデータ管理
    • 「ぎゅっとe」および「eFACE」では、中間締切2回で学習状況をチェックし、最終締切で消化率を各担当教員に報告しています。
  • 課外学習教材アンケートの実施
    • AccESSでは毎学期末に課外学習教材のアンケートを実施し、それらの結果を基に必要に応じ改善を行っています。
      • 「ぎゅっとe」Writing課題の見直し
      • 「ぎゅっとe」課題達成度の見直し
      • 「ぎゅっとe」中間締切の設定
      • 英語(基礎)Aコース対象教材の見直し
  • 課外学習教材運営環境の整備
    • AccESSでは課外学習を実施するにあたり、学習環境の改善を行っています。
      • 「ぎゅっとe」アカウント取得の簡易化
      • 「eFACE」のCALL教室での利用
      • 「Listen to Me!」のオンライン化

各種英語試験の実施とデータ管理及びサポート

  • TOEFL ITP & Criterion の実施と成績データ管理

名古屋大学では1年生全員を対象に4月と1月にTOEFL ITP と Criterionを実施しています。
4月に行われるこれらの試験結果を基づきクラス分けを行い、基準に達していない学生は英語(基礎)クラスの授業に加え、英語(サバイバル)コースを履修しなければなりません。AccESSではこれらの試験結果データを管理し、学生の英語力の推移を分析しています。

  • サバイバル合格認定試験の実施と不合格者のサポート

英語(サバイバル)コースの履修者はサバイバル合格認定試験に合格するか、1月に行われるTOEFL ITPで基準点をクリアする必要があります。AccESSでは合格認定試験を実施し、その結果と「ぎゅっとe」(サバイバル)の成績データを管理し、不合格者に対しては各学部と連携してフォローを行っています。


         4月   TOEFL ITP  &  Criterion   実施風景

 

e-Learning 教材の開発

  • プレゼンテーショ学習教材  「eFACE」 (←詳細はここをクリック)
    • 2010年 青版初版 リリース
    • 2011年 赤版初版 リリース


    • NuAcT 
    • NuAcT for Presentation 


    • 「名大の授業OCW」で公開されている「G30 for Everyone Studium Generale」の動画を日本人学生向けに英語教材化したものです。スマホにも対応していますので、手軽に本物の英語講義を視聴・体験することができます。

学部3・4年生、及び大学院生対象 学習教材の提供

英語を学習する機会が少なくなる学部3,4年生、及び大学院生を対象に、自分のペースで学習を続けられるように学習環境を整えています。