「eFACE」学習の概要


 eFACEという名前

e (e-learning) FACE (Foundations of Academic Communication in English)

 概要

本教材は、英語(上級)クラス向けの自主学習教材です。英語圏の大学での講義の理解やプレゼンテーションに必要なアカデミックイングリッシュの基本を学ぶための教材です。

教材を通して、英語の論理的な文章を理解できるようにし、プレゼンテーションに必要な議論の論理的展開方法と英語表現を学びます。

全部で12課から成り立っています。テーマは、文系理系双方より大学生の知的関心に合うように選ばれています。各課は大きく分けて、リーディングとプレゼンテーションの二つのセクションに分かれていますが、二つのセクションは相互に関連のあるテーマでまとまっています。

リーディングでは、論理的な文章の内容理解と、文章の構成の把握、そして重要な英語表現を学びます。そして、プレゼンテーションでも内容の理解と、構成の把握、重要な英語表現を学びます。プレゼンテーションには、質疑応答も含まれています。

さらに、本教材に特徴的な学習活動として、「Reconstruction」と「Shadowing」があります。「Reconstruction」は、文章の流れを把握しその次にくる文を予測するというかなり高度な学習活動です。しかし、論理的な文章展開を行えるようになるためには必要な能力です。

「Shadowing」は、文ごとに区切ってお手本を聞いた後でまねをして言うのではなく、お手本を耳で聞くと同時に自分も、同じ速さ・同じイントネーション・同じアクセントで、発話するという訓練方法です。プレゼンテーションを実際に行えるようになるためには、よいプレゼンテーションをまねして自分自身で何度も繰り返して練習をする必要があります。本教材では、「Shadowing」という方法を使って、この繰り返し練習をします。

従来の「Shadowing」の訓練方法は音声のみを聞いて行うものでしたが、本教材では、それに加え、英語字幕付き動画・字幕なし動画・テキストを使って4種類の方法であきずに何度でも行えるようになっています。(そのうえ、5回行うと褒めてもらえます!)繰り返しプレゼンテーションの「Shadowing」をすることによって、プレゼンテーションでよく使われる英語表現を、耳から自然に覚えられるようになっています。耳から覚えた表現は、口から自然と出るようになります。

個人ではなかなか練習しづらかったプレゼンテーションの学習が本教材によって少しでも効率的に学習できることを願っています。Enjoy!


 教材の構成

Intro

学習シーン内容
IntroUnitのテーマに関連したクイズが出ます。

Reading

学習シーン内容
Vocabulary次の「Reading」で読む英語文章においてキーワードとなる単語の意味を確認します。
ReadingUnitのテーマに関連した英語文章を1つ読みます。
Comprehension「Reading」で読んだ英語文章の内容を確認します。内容に関する問題が英語で8問出題されます。
Summary「Reading」で読んだ英語文章の要約を行います。
Expressions「Reading」で読んだ英語文章で使われた重要表現を覚えます。

Presentation

学習シーン内容
Vocabulary次の「Watching」で見るプレゼンテーションにおいてキーワードとなる単語の意味を確認します。
Watching 1Unitのテーマに関連したプレゼンテーションを見ます。ここでは、テーマを把握します。
Watching 2プレゼンテーションを再度見ます。ここでは、キーワードを聞き取ります。
Watching 3プレゼンテーションを字幕付きで再度見ます。ここでは、プレゼンテーションの内容を大まかに把握します。
Focusプレゼンテーションを3つのパートで見ていきます。それぞれのパートにおいて詳細な内容理解を目指します。
Summaryプレゼンテーションの要約を行います。
Q & Aプレゼンテーション後の質疑応答の練習問題を行います。
ExpressionsプレゼンテーションおよびQ & Aで使われた重要表現を覚えます。
Reconstructionプレゼンテーションの文章の流れを把握し、次にくる文章を予測していきます。
Shadowing 1プレゼンテーションのスピーチをシャドーイング(音声の後を追うように発話していく)します。テキストも表示されます。
Shadowing 2プレゼンテーションのスピーチをシャドーイングします。プレゼンテーションの動画が英語字幕付きで表示されます。
Shadowing 3プレゼンテーションのスピーチをシャドーイングします。プレゼンテーションの動画が表示されます。
Shadowing 4プレゼンテーションのスピーチをシャドーイングします。テキストは表示されません。
Shadowing-Allプレゼンテーションのスピーチをシャドーイングします。Shadowing 1〜4のどの方法でもかまいません。5回練習すると、動画映像でほめてもらえます。

Unit test

学習シーン内容
Unit testUnitの復習テストです。